はじめまして(^^)/
管理人のまさと申します。
この度、ブログの方を開設させてもらいましたので、
更新を頑張っていきたいと思います。
宜しくお願いします。

さて、早速ですが、週はNHKマイルカップがあります。
こちらをメインに今日の記事を書いていきたいと思います。


■コースを考えてみよう!(芝Aコースを使用)
pic_course_3d

スタート地点は向正面直線の右奥。
最初の3コーナーまでの直線距離は約542m(Aコース時)。
3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。
3~4コーナーにかけては下り坂になっている。
最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。
東京競馬場全体の高低差は2.7mある。
最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。

上がり3ハロンの水準は各クラス34秒台で差があまりない。
その代わり前半3ハロンと中盤の厳しさの差が、クラスの差になり、走破時計に影響を及ぼす。
特に3歳以上重賞は安田記念、NHKマイルC、ヴィクトリアマイルとG1が多く組まれているため、速い時計が出やすい。

スタートからゴールまで高いレベルのスピードと末脚の持続力が必要になる。
クラスが下がると中盤までのペースが緩みがちになるので、前に行った馬が残りやすくなる。
当然、馬場状態にもよるがBコースでの逃げ馬の活躍が目立つ。
枠順はほぼフラット。多頭数の8枠のみ少し成績が悪い。

(上記はJRAVANのデータを抜粋)

東京芝1600mをこなせる馬は中距離でも走れる能力がないと厳しいです。
スタミナを要するコースですからスピードだけでなくスタミナも要します。
ですので中距離実績もある馬を選択した方がいい結果に結びつきます。

★過去10年枠番データー
枠

7枠、8枠が優勢となっております。
該当馬を見てみるとアドマイヤマーズだったりダノンシャンティだったり、
リエノテソーロ、アエロリットだったり脚質は不問な印象です。

★過去10年脚質データー
kyakusitu

逃げ切りから追い込みまで満遍なく来ていますね。
当日の馬場状態とペース次第といえるでしょう。


★過去10年種牡馬データー
shuboba

ダイワメジャーの活躍が目立ちます。今年はレシステンシアが居ますね。
ディープインパクトは人気馬で来ている傾向です。

■馬場を考えてみよう!
今開催の芝の状態はとてもいい状態になっていて速い時計が出ます。
先日行われた青葉賞も2.23.0ですからかなり速い時計が出ますね。
0578af716a61f2007de3df99677c5218
上記は今開催の芝1600mのラップ一覧となります。
逃げ切りは一度もなし(ただし人気馬はいませんでした)
先行と差しの組み合わせが4回。先行先行での組み合わせが1回。
ペース次第では差しも決まるが、
基本的には後方から外を回す馬には不利な馬場コンディション

一番大事なのは当日の馬場コンディション。
その日にどこを通す馬が上位に来ているか、
どの位置取りの馬が上位争いしてるか、
そのチェックを確認してから馬券を購入すること、ですね!

現時点での注目馬はレシステンシアですね。
速い時計に対応できるのは確認済みですし、有力馬の中でも一番前に行ける馬ですから、
馬券的には外せない馬となりそうです。

次の記事はNHKマイルカップの前哨戦を考えていきたいと思います。





最後にポチっとお願いします(^^)
競馬ランキング