■コース解説

新潟・芝2000メートル(外回り)


1765d2d4fa771560f4d8fceb5c6ed66f
★スタートしてからコーナーが2回だけ
★枠順の有利不利はない
★道中のペースが上がりづらく直線勝負になりやすい
★直線距離が658.7メートルでJRAでもっとも長い直線
★Aコースなら逃げ先行の粘りこみあるがBコースは押し切りは難しい
★外差し馬場だとより差しが決まりやすい

■馬場状態は開幕週でパンパンの良が予想されるが確認してから

■過去10年枠順データー

waku
コース分析で解説している通り枠の有利不利はない。
枠に関しては予想のファクターから無視でいい。

■過去10年脚質データー
ca7e36fe926ccb89afea1373b13713e6
逃げ切りは1度もなし。3着もないというのは強烈。
先行、差し脚質の馬を軸にするのが基本路線。
今年は逃げで人気の一角であろうダイワキャグニーにとっては懸念材料。

■世代別データー成績
e4a817e1ff1de9d74e483073c197afca
4歳から7歳まで特に問題なく走れている。年齢が上がって人気が落ちるなら逆に期待値は高い。

■前走4角通過順位別成績
c6314df457a7ecb86c61905032c03c6d
逃げた馬と2番手で勝ち上がってきた馬の連対はなし。
人気の
レッドガランは該当してしまいました。

■過去10年人気別データー
f97f910d0865b8c594dc37259bc15e8f
1人気が全く振るわない。2人気、3人気に支持された馬の好成績が光る結果となっている。
中穴位を狙いに行った方がいいレースといえる。

■総括
上記を考えていくと逃げは大幅割引と考えて、差し馬で持続力の高いタイプを軸に据えて、
馬券は手広くいく方が的中に近づけるということですね。
結論はまた明日の記事で書きたいと思います。


ここまで読んでくれてありがとうございました!







最後にポチっとお願いします(^^)/
競馬ランキング