東京の芝状態は良好ですね。
馬場を見るときは馬が蹴る土が跳ね上がってないかを確認してます。
それが上がってきてるとそこの芝が剥げてしまっていますから伸びない状態になります。


で、土曜日の東京の芝はそういうこともなく、内側を通す馬と前に行った馬が有利な状態です。
外を回して来る馬には厳しい馬場だと思っていいです。


NHKマイルですが、行く馬はレシステンシアかハーモニーマゼランですね。
おそらくレシステンシアが内側ですし行くことになるのかと思います。
全体的にそんなに速くならずに前前で追走している馬が楽を出来そうな感じです。
有力どころはレシステンシア以外は後方から行く馬ばかりですしね。


淡々と流れれば展開利は前にいる馬にあるのかなと思います。
前前で競馬が出来るような馬は穴候補になってきます。
プリンスリターンは内枠で前を見据えてじりじりとした伸び脚を持っていますから、展開に恵まれるようなら粘りこみもありますよね。ただ高速馬場に不安はありますから直前に一雨ほしいかなという印象です。

※前走原田和騎手 抜け出してフワッとする面を出してしまいましたね。それに道中で競る形になって、そこでガツンとハミを噛んでしまいました。ラストはその影響もあると思います。それでも先行勢で踏ん張っているのはこの馬だけですし、よく頑張ってくれていると思います。馬自身はひと回り体が大きくなって着実に成長していますね。



それと皐月賞組のラインベックもマイルに戻っていい位置で競馬が出来れば好位置からの差し込みもありそうです。ディープインパクトですから期待値は高いんじゃないでしょうか?まだこの路線では戦っていませんから妙味はあります。皐月賞組は京都新聞杯、プリンシパルSを勝ち上がったようにレベルが高いです。なのでラインベックも先行出来るので久々のマイル戻り、展開利を含めて穴として抑えて良さそうです。

※前走岩田康騎手 馬は良かったんですけどね。伸びませんでした。走り方などまだこれから良くなる馬です。


それと横山典弘騎手のサクセッションも面白いと思います。
スプリングステークスで皐月賞の権利を取ったにも関わらずこちらを選択して横山騎手を手配していますから陣営の勝負度合いも分かりますね。前走こそ外を回して伸び切れませんでしたがメンバーが強かったですよね。負けた相手は皐月賞4着のガロアクリークにヴェルトライゼンテですからね。
マイル戻りで切れ味が増すようならここに入っても引けは取らないはずです。

※前走三浦騎手 今日は動くに動けない展開でした。1番人気の馬をマークして、残り600メートルから馬場の綺麗なところに出して押し上げていきましたが、誤算は勝ち馬に余計に1頭分外を回らされてしまったことですね。ただ、今までは早めの競馬が多かったですが、このペースでも我慢が利いて距離もこなしてくれました。凄くいい馬です。


タイセイビジョンに関してはこの枠なのでスムーズに走ってこれるかどうかですね。
内で詰まって出てこれないパターンもありますしバラければ出てこれるし。
イメージ的には縦長にはならないと思うので内側で包まれてしまう気がします。
朝日杯の時は上手く外に持ち出せて進出出来ましたが今回はどうでしょうか。
まだ一度も崩れていないだけに馬券は買わないといけないですが、その辺は不安が残ります。

石橋脩騎手 次にいい形で臨めるよう意識して乗りました。馬込みの中でも折り合えるように調整してくれていたし、ラストは間を割ろうと考えていました。内に入れたのは瞬時の判断です。新馬の時から能力が高いと感じていたし、また乗せていただけたのでチャンスを生かそうと思っていました。GIに向けていい感じで走れましたね。


ルフトシュトロームは3戦3勝で強い馬です。この枠なので外を回す競馬になりそうですが決め手は強烈なものを持っている馬です。上積みの期待もありますしここで走られても驚きは全くありません。ましてやレーン騎乗なので馬券は抑えないといけない馬です。タイセイビジョンと違って外目なのでスムーズに進出できる可能性は高いです。

前走石橋脩騎手 前が残るレースが続いていたので、ある程度の位置を取りにいく話を調教師とはしていましたが、ゲートがゆっくりだったのであの位置になりました。ただ、ペースが流れてくれていたので慌てず運べ、4角から手応え良く動いていけましたね。まだまだ良くなりそうですし、これからが本当に楽しみです


サトノインプレッサは外を回す形になりますので割引が必要です。
出遅れる心配もありますし走り方が中距離タイプに思えます。高速馬場に対応ということもありますし、エンジンが掛かる頃にレースが終わっていた、そんな感じになるのではないでしょうか?
また武豊騎手ですから後方大外を回す競馬でしょうからちょっと期待値は低いですね。

ウイングレイテストにしても外を回してきて前有利の展開を差し切るのは難しいです。
好調ジョッキーで穴のにおいがしますがちょっとこの馬場では厳しいかな~という感じです。


◎レシステンシア(反動不安も展開利+能力)
△ルフトシュトローム(外枠だがレーンさん効果で)
△サクセッション(距離短縮で期待)
△ラインベック(皐月賞組+マイル戻り)
△タイセイビジョン(内で包まれる不安だけ)
△プリンスリターン(好枠から粘りこみ)

×サトノインプレッサ
×ラウダシオン
×ギルデットミラー
×ウイングレイテスト

馬券はレシステンシアから3連複でいくか、馬連でいくか、ワイド併用でいくか、この辺はまだ悩んでおります。直前の馬場をチェックしてから決めたいと思います。前重視ならプリンスリターンを厚めしたりとか、ですかね。


新潟大賞典に関しては難しいです。

不確定要素がありすぎますね。軸になりそうな馬がいません。
これは完全に馬券はパスします。
エアウインザーは長期休み明けで不安。
ギベオンは決め手不足で長い直線が不安。
インビジブルデイズは決め手あるが重賞で通用するレベルなのか疑問。
レッドガランも同様にこのレベルではまだ疑問。
ブラヴァスにしても同様です。

馬場に関しては差しが決まりやすいかなっていう印象です。
なので外伸びが期待できそうな馬が居ればいいかなと思っていましたが、どうもワンパンチ不足な馬達ばかり狙えません。
素直に見るレースとしてデーターと照らし合わせておきたいです。



読んで下さりありがとうございます。最後にポチっとお願いします(^^)/ 人気ブログランキングへ