コース解説

847b0cfe629614bb5997328523fe98cb

スタート直後から高低差約1mの上り坂になっており、200m強進んだところで下り坂。その後、もう一回緩い上り下りが入り、ラスト300mぐらいからようやく平坦でゴールまで続く。
このコースの最大の特徴と言えば、外枠が非常に有利であること。
特に開催が進み、内回りと外回りを共有する部分の芝に入った場合は、絶対に外の方が芝状態が良好。
したがって、枠なりに真っすぐ走れば最短の距離でゴールすることができる外枠が有利というわけだ。
その他の枠の馬でも、スタート後に外へ外へ進路を取るため、馬群がスタンド前のラチ沿いに押し寄せてくる。最後は平坦だが、ラスト1ハロンの時計がかかる。脚質的には逃げ、先行馬の好走が最も多いが、差し馬も十分対応可能。
わずか1000mの勝負といっても、全部トップスピードでは走れないので、しっかりした末脚を持つ馬は逆に有利。
他場の1200mとは少し趣が異なり、小回りコースが苦手なタイプの馬が浮上してくる。
芝・ダート兼用血統が強く、実際にダートから転戦してきた逃げ、先行馬が穴をあけるケースが目立つ。

それでは実際に枠がどの程度影響を及ぼしているのか?数字を見て行こう

直線枠

断然で8枠有利ということが分かる。むしろ8枠以外を本命にしたら行けないレベル。
ということは外枠に指数がそこそこ高い馬を買えばいいんじゃないか?
今の競馬は指数上位が人気とほぼリンクしているので人気を見ればわかる。

■8枠の人気別成績
直線人気

世間でも認知されているように人気はさすがに期待値が低いが回収率は言うほど悪くない。
4人気~9人気の数字が異常に高いのが面白いですね。
これくらいの人気の馬が8枠に居たら積極的に狙っていくのはありでしょう。
機械的に買い続けていたらプラスになるわけですからこれは買うべきでしょう。

■8枠の脚質別データー
885b4b1b3d220610051161852a0b5490

逃げ/先行が結果出てますね。8枠の差し追い込みだとラチ沿いに先行馬が寄せてくるので進路がなくなってしまうので8枠のアドバンテージが生かせないので結果が出てないんだと思います。

■前走着順別データー
直線8枠前走着順

前走10着以下でもそこそこの数字は出てますね。
着順は関係なく狙える印象です。

前走同クラスなのか?昇級なのか?これも調べてみました。
8枠前走クラス

まあまあ結果は出ていますが同級の方がよさげですね。

■騎手別成績
kishu
直線の西田騎手というだけあってやはり結果が出ていますね。
藤田奈七騎手の結果が出ているのも予想通りですね。
新人騎手だったりが活躍しているコースです。
いわゆるローカルジョッキー達ですね。

■直線千メートル戦をまとめてみると
★8枠に入った4人気~9人気の馬は買い
★逃げ,先行の方が結果が出やすい
★前走ダート使用でも関係ない。とにかく狙い続けること
★昇級馬より同クラスで、もがいてる馬が狙い
★騎手は気にせず条件にマッチする馬がいたら狙い続ける


こういうのは見つけたら外れてもいずれ当たるのでひたすれ買い続けることですね。
また見送ると来たりもするので期待値が高いと思ったら当たりが来るまで続けることです。
穴狙いってなかなか当たりが来ないとめげそうになりますが、買い続けるしかないんですね。
絞って取るレースとはまた趣旨が変わってきますね。

また、期待値が無いレースを買い続けても負ける一方です。
自分の期待値がどれくらいか?本当にそれを買い続けるとプラスになるのかどうか?
自分なりに見つけることがプラスに繋がりますね。

意外と勝ってると思って続けてることが負けてたりするので実際に数字が取れるなら数字を取りましょう。簡単に勝てるほど甘くない世界ですからね。
普通に何も考えず全レース買っていたら的中率15%くらいしかいかないんじゃないでしょうか?

ぜひレースを購入する前に、この買い方は本当に期待値のある買い方してるかな?って自問してください。裏付けってやっぱり大事だと思うので。

今回の新潟開催は5月だけとちょっと短いですがこういうのは他にも色々あります。
中山だったらダート1200mの外枠をひたすら狙い続けるとか。
また中山開催が近くなったらここでも分析してみたいと思います。

東京芝1800mも先行有利なコースですからここも分析する必要があると思います。
また時間があるときに分析しますね。




ここまで読んでいただきありがとうございました。
最後にポチっとお願いします(^^)/

人気ブログランキングへ