■阪神芝2200mコース図
0d104d0fb425b82141d866a7cd551a27
1コーナーまでの距離は525mと割りと長めで枠順の有利不利はない。
最後の直線距離はAコース時が356.5m、Bコース時が359.1m。
残り200m付近でゴール前の急坂。
約120mの間に1.8mの勾配を一気に駆け上がる。
AコースとBコースでは直線部分で3m、曲線部分で4m幅員が違う。
主にAコースは開催前半、Bコースは開催後半に使用されている。
スタート直後に内回りコースとの合流地点で、なおかつ下り坂。
前半から自然とラップが速くなりやすい。

基本的にはゆったりとしたスローペースになりがちだが、3歳以上の重賞(宝塚記念)の前半3ハロンの平均は34秒7だ。
1コーナー過ぎまでに先行争いは決着していることが多いものの、先頭と中団から後方待機の馬とは差がつき、馬群が縦長になりやすい。

中盤の1000mはクラスが上がるにつれて厳しい。
内回りコース使用で直線距離が短いせいもあって、仕掛けは各馬早め。
中団以降に待機の馬がマクリ気味に進出してくる。

終盤からゴールにかけては凌ぎ合いになり、単純なスローペースの決め手勝負とは一線を画する。
基本的には逃げ・先行勢が強いが、前述の通りマクリ差しも決まるので、あらゆる脚質の馬にチャンスがある。
前々で競馬をする馬ならば最後までバテない粘り強さが必要。
差し馬は末脚の持続力が要求される。フルゲートになりにくいコースなのであまり目立たないが、できれば中枠より内がほしい。

■現在の阪神芝の状況
前有利な馬場状態だが徐々に外が伸び始めてきている。今週も雨が降っているので当日の馬場状態はよく見極めておきたい。また東京の芝のように切れ優先ではなく、阪神の芝はパワーも必要なのでその辺もチェックしておきたい。

■外枠が活躍する宝塚記念!?
7338672964b2f8c250da25576c94758e

圧倒的に8枠が活躍している。頭数が少ないレースもあるが宝塚記念に限っていえば外枠有利。
ただコース的には内の方がロスなく進めるのは間違いないので、各馬の特徴と合わせて枠順の有利不利を考えていきたい。

■4歳より5歳が活躍するレース
4歳馬・・・3-2-5/35/45
5歳馬・・・6-5-5/32/48

■ステイゴールド産駒が圧倒的に活躍するレース
e52b7c906170f16bed5936f15d8bf4c5

ステイゴールドが過去10年4連対はたしていてかなり相性のいいレースといえそう。
このコースは消耗戦になりやすいのでそういう産駒が多いステイゴールドにとっては大得意。
ステイゴールド産駒に限らずそういうタイプを見つけるのが的中への近道か。
今年でいえばスティッフェリオがいるがメンバーが濃くなる今回でどこまで走れるか注目です。

■決め手があるタイプより消耗戦向きの馬を選択したい
このレースを考える上で重要視したいのは切れ味よりパワーを重視したいです。
過去の勝ち馬を見てみると上がりが速い切れ味タイプより、しぶとい馬が活躍するんですよね。
やっぱりステイゴールド産駒でいえばゴールドシップだったり、ナカヤマフェスタとかが来るぐらいですからね。

サートゥルナーリア
なんかはちょっとイメージが違う気がします。
能力だけで来てしまうかもしれませんが切れ味タイプですから向いているとは思えませんね。
有馬記念も似たようなレースになりやすいですが、この時は斤量の恩恵がありましたから。

ラッキーライラックも堅実でここに来ての充実度は目を見張るものがありますね。
また切れ味タイプにやられてきた馬ですからここも向いていると思います。
自在性も機動力も備えている馬で調子が出てきた牝馬には逆らえないイメージがあります。
ここも好勝負必至でしょう。

クロノジェネシスも堅実である程度前目で競馬が出来るしスゴイ切れがあるタイプではないですしここも向いているのではないでしょうか。ラッキーライラックに比べると機動力は劣るかもしれませんので外枠で大阪杯のような競馬が出来れば上位進出でしょうね。

ワグネリアンは人気馬の中でも軽視されそうな馬となりそうです。重厚なタイプでパワー型になったイメージがあります。内でじっとしていても機動力があるタイプではないのであまり向きませんね。ダービーの時のように外目からじわじわと進出して最後まで脚を伸ばして押し切るような競馬が出来れば浮上して来そうです。休み明けを叩かれて上昇して来れば大阪杯の時よりは走れるかなと思います。

ブラストワンピースは上位の中では位置取りが少し後ろになってしまうタイプの馬です。
能力はあるので侮れない馬ですが上位陣がある程度前目で競馬が出来るのにこの馬はその後ろになってしまうので差してきても届き切らない可能性が高いです。どうしても外を回す競馬になってしまうと思うので差し切るまではイメージしづらいかなと思います。

スティッフェリオは日経賞と天皇賞と二度連続穴をあけています。ステイゴールド産駒ですしここでも侮れない馬ですね。ただここは少しメンバーが揃ったかなという印象があります。天皇賞の時は手薄なメンバーでしたしフィエールマン以外はG2レベルだったかなというレースでしたから今回穴人気になりそうですし少し割り引いて考えたいです。それならワグネリアンの人気落ちのほうが美味しいかなと思います(;^_^A

★水曜日現在の段階では当ブログからはワグネリアンを穴で考えておきたいです。


ここまで読んでいただきありがとうございました。
また次回の記事で楽しんでもらえれば嬉しいです。
最後にポチっとお願いします(^^)/

人気ブログランキングへ